アマチュアスポーツのメッカ。オクラホマを本社に持つスポーツサプリメントのニューケアジャパン。
プロテイン、アミノ酸、BCAAを使ったオリジナルサプリメント開発(OEM)も承ります。
ニュース商品コンセプト商品カタログ(WEBショップ)当社について代表者ブログよくある質問と回答サイトマップお問合せホーム
ニューケアジャパン代表遠藤が、仕事に関係する(関係してないかも)雑記としているブログです。
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
Search this site.
みんなのブログポータル JUGEM
運営者
ニューケアジャパン
日本支店代表 遠藤 達司
〒577-0058
東大阪市足代北1-18-23
TEL:06-6785-0565
FAX:06-6789-5274

ニューケア商品の販売、顧客オリジナル商品(OEM)の開発、アメリカ発インターネットによるサプリメント販売。 アイデア、商品開発でお困りのことあればご相談ください。見積り・相談一切無料!アイデアのみの交換も大歓迎です!お気軽にご連絡下さい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アメリカの活気と日本の冷静
 金融問題などなかったような雰囲気のアメリカマーケット。ガソリンが高くなっても、食べものが高くなってもなんとも思ってない雰囲気。でてくるリリースは値上げばかりなのに、クレームはひとつもないそうだ。

 日本の市場は基本的に悲観的な雰囲気のように思う。悲観的というよりも、現実的というか、笛吹けど踊らずという感じでしょうか。

 市場はその時代の雰囲気を映し出すといいますが、今の日本市場には面白さや、ダイナミズムといったものを感じることがないです。なにかきっかけが必要なのかもしれませんね。
| アメリカ!アメリカ! | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
クジャク化ねえ なるほど
 不二家の問題は僕のなかでとても大きなものになってる。これ、ISOをとっている工場なら、みんな同じ問題があるとおもう。廃棄物はでないが基本ですもんね。

 不二家が責められるのは、正直ではなかったためだと思う。公表しなかったから。でも、公表しても結果は同じだったようにも思う。なんというか、難しい判断だとおもうわけです。

 賞味期限の短いものは扱いにくいと思うのは本当であり、だからこそ、サプリメントという業種にいるわけだけど、この問題は日本がもつ特性が大きく関係しているようにおもう。

 日本の商品がイマイチ尖れないのはここが理由だと常々思っているんだが。

磯ログさんのクジャク化する社会がとても言い当ててるよう

「クジャク化」する社会

渡辺千賀さんのブログで、「不潔道」の考え方が紹介されてますが、
http://www.chikawatanabe.com/blog/2005/09/post_1.html
確かに、日本のように極端に要求水準が高いマーケットを相手にしていると、グローバルな競争力は無くなる気がしますね。

クジャクは、オスの羽がきれいなほど寄生虫などへの耐性が強そうだということでメスに選ばれるので、きれいな羽を持つオス以外が淘汰され、羽がああいった感じに巨大に進化しちゃったそうですが、あの羽は(確かにきれいだけど)、違う環境では役に立たないどころか、デメリットでしかない。

家電とか携帯電話とか、日本独自の(高い)要求水準に適応して、世界で通用しなくなっている産業は、多そうです。

−−−

つまり、バブル発生のメカニズムと同じで、経営者も、従業員も、内部監査担当者も監査役も、投資家も消費者もマスコミも、アホというわけではなく、逆に全員きわめて合理的に行動した結果、社会的な資源配分が大きくゆがむ可能性があるんじゃないかと思いますが・・・・長くなってきたので、続きはまた今度。
| アメリカ!アメリカ! | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本語と英語の境目にあるストレス
 毎日のように英語に接していても、日本語のほうがすっと頭に入るのは当たり前。英語でのインターフェースは理解できても、頭が疲れる。



 Googleの日本語サービスと英語サービスどちらも使っているけれど、同じことなのに疲れが違うのはまさにそのとおり。でも、いつも英語サービスが先にスタートするので、しょうがないかと。





 つねに英語のサービスが先というのがなんとも英語圏との縮まらない差なのかもしらない。本当に残念。





 できるだけ、言葉を使わず、視覚的にわからせることができれば世界で受け入れられるわけだから、チャンスはあるかもしれない。うーん、なにかひらめいてきた。ノートに書いてみよう。
| アメリカ!アメリカ! | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブレークスルーとカイゼン
 債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐらさんのブログ。丸紅の現部長が書くこの記事は、とても視点が面白くRSSフィードで読んでます。



 昨日のエントリー  実はGMの方が上らしい・・  ですが、アメリカの会社ではたらくものとして納得するところがあります。



 サプリメントにおいてもアメリカでのマーケットでは、常にマーケットに対して、1番早い、1番安い、といったポジションを獲りに行く姿勢があるので、なにか新しいことは、いわゆるトンガッテイル傾向があります。



 日本では絶対ないだろうと思われる製品や、サイズ、価格などをどんどん出してくる。そう、現状を打破するブレークスルーなんです。(たしかに、やっていてわくわくすること多いですよ。)



 でも、でてきた商品はいつも完璧ではない、というか、未完成の感じが残る。パッケージや、味などの嗜好の部分にカイゼンの余地あり。その部分をねらって日本のマーケットが反応するわけです。ニューケアもその線であることに間違いないです。



 しかしながら、最近の傾向として、マーケットもこのブレークスルーを期待しているのではないかと思うことがたびたびありました。



 もしも、すべてにおいて日本がアメリカの後追いをしているならば、日本のマーケットが狙う方向は、現商品のカイゼンではなく、トンガッタ方向へのブレークスルーなのかもしれません。



 トヨタが世界で5本の指に入る企業になった今、カイゼンは過去のものになるんかもしれません。大きなこと言ってすみません。



 ブレークスルーってニューケアのイメージでもあるんです。ロゴに流れる斜めの線。ブレークスルー、ちょっと深めてみたいと思います。
| アメリカ!アメリカ! | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/2 PAGES
Copyright (c) 2005 NUCAREJAPAN All Rights Reserved. + Produced by PANACEE.